読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方都市の夕景

音楽と写真

α7S

えーっと、これはα7Sですね。

ノリと勢いで買ってしまいました。。。
中古で状態の良いのがあったので、分割払いで。。。
今後は節約します。。。


一応言い訳しておくと、
先日急逝された雨宮まみ女史のブログの、この記事を読んでいて、

mamiamamiya.hatenablog.com

15年前、わたしは、いつか高いブランドのバッグを手に入れたいと思っていた。
いつか、これだと思うものが見つかったら、買おう。
そして、大事に使おうと思っていた。

そう思ってから15年の間、
自分よりもぜんぜん若い人、あとからデビューした人、
みんな、当たり前のようにブランドバッグを持っていた。
「いつか」なんて思ってたけど、値段を見ると、とても買えなかった。
度胸がなくて、怖くて、一生ものなんて決められない、どうでもいい、と逃げ出したくなった。

でも、人がいいバッグを持っているのを見るたびに、
「自分には、あんなバッグは買えないんだ」
「センスもないし、選ぶ勇気もないんだ」
と、小さく、卑屈な気持ちになっていた。
そんなふうに感じる自分が、とても嫌だった。

バッグを買うだけで、そんな気持ちと手が切れるのだったら、買おうと思った。


__________

自分がこれまでしなかったこと、
できないと思っていたこと、
できるんだったら、そんなことで小さな卑屈さや劣等感が消えるなら、
どんどんすればいい。

わたしは、もっと定番のバッグを選ぶ人間だと思ってた。
賢い選択をする人間だと思ってた。
でも、違った。
こういう人間だった。

そういう些細なことが、
「自分はこうだ」と、自分を檻に閉じ込めるような気持ちを、
打ち破ってくれる。


ここら辺の文章に感化されて、気がついたらポチっていました。
24回分割払いで、月々7000円程度ならなんとかなるだろう、と。

払い終わる頃まで、写真をやっているかどうか分からない。
写真なんて飽きて辞めてしまっているかもしれない。
あるいは、別の趣味にのめり込んでいるかもしれない。
あるいは、別のもっと新しいカメラが欲しくなっているかもしれない。
あるいは、レンズ沼にズブズブ嵌って、大変なことになっているかもしれない。
それでも構わない。
僕は今を生きているわけで、今欲しいのはα7Sなのだ。

mamiamamiya.hatenablog.com

いちばん欲しいものも買えず、 わたしはいったい、なにを買っているのだろう?


これだ。

一番欲しいものを買わずに、一体何を買うというのだ?
明日には死んでしまうかもしれないというのに。

好きな女の子がいる。
けれど、どうやら脈がなさそうだから、
言い寄って来たそんなに好きでもない女の子と、適当に、何となく付き合う、みたいな。
そんなのは本当ではない。

好きでもない子と付き合うくらいならば、誰とも付き合わない方がマシ。
というか、好きな子がいるのならば、全力を尽くせよ。
全力で好きな子にアタックしろよ。みたいな。そんな感じ。

__________

で、早速色々撮ってみて、やっぱり良いです。
α6000とは違います。
APS-Cだろうが、フルサイズだろうが、同じやろ、と思ってました。
使ってみたら、違いました。すいません。

現状、オールドレンズしかまともに使えるレンズがないのだけれど、
α7Sは他のカメラよりも、特にオールドレンズ向きな気がする。
いや、α7Rとかα7Ⅱとか使ったことないから推測の域だけれども。

とにかく、買って良かった。