地方都市の夕景

音楽と写真

低スペックPCでRAW現像

・プロセッサ
1.7GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大2.6GHz)
・メモリ
4GB(増設不可)
・ストレージ
128GBフラッシュストレージ(3TBの外付けHDD使用)

MacBook Air (11-inch, Mid 2012) - 技術仕様

という低スペックのPC(MacBook Air 11-inch, Mid 2012)に中華製のディスプレイをくっつけてLightroomで現像してる、というと驚かれるだろうか。正直メモリ4Gではつらい(Adobeの推奨は12G以上)。もう、カックカクのモッサモサである。使えないこともない、くらいのレベル。もうちょいマシなPCに買い換えたいが、如何せん金はない。今分割で払っている「Distagon T* FE35mmF1.4」の支払いが終わったら…と考えると買い換えるのは少なくとも1年後とかになってしまうが、果たしてそれまでこのPCが生きているか…。そんなに何年も使うことが想定されていないPCだし、しかもハードに使うことはもっと想定されていないだけに不安である。
世間の人たちはどれくらいのスペックのPCを使っているのだろう。やっぱりRetinaディスプレイiMacでメモリ増設して16Gとか?それだと20万とかするよね普通に…もっと安くなんとかならんのかということで、中古のiMac探してきてメモリ増設して…とか考えてたけど、そんなことするくらいならもうちょっと金出して新品を買った方が早いし、保証もつくから安心か。安物買いの銭失いはダメゼッタイ。

(とはいえなんとか現状よりマシな環境にならないのか…。そんなハイスペックマシンなんて求めていない、ただただ現状よりマシな、普通のスペックくらいになれば良いだけなのだが。この際Mac miniでも良いや。と思っても、なかなか良いのがない。どうしてもスペックは値段に比例する。例外はない。)


あと自前でプリント作りたいので、プリンターも欲しい。けどランニングコスト考えるとネットプリントとかで外注した方が良いのかもなぁ。

kakaku.com

写真やるならこの辺のモデルが良いらしい。
んー、カメラやレンズだけでは終わらない、沼はまだまだ続いているな。物欲は尽きない。