読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方都市の夕景

音楽と写真

手振れ

手振れ補正は、シャッタースピードが遅くても手振れしない、というだけで、シャッタースピード自体は遅くなるから被写体ブレは防げない、らしい。なるほど。

となると、手振れ補正の意味って…?
まー、僕のカメラには手振れ補正はないので、頑張って手振れしないように撮ってるわけですが。


室内の撮影とか、フィルムだと限界がある。というか、暗いとほぼダメだ。
そこで、デジタルの出番ということになるわけだけれど。

フィルムでもデジタルでも、最終的に良い写真が撮れれば何でも良い。と言いつつ、やはりフィルムの写真は好きだし、少ない枚数を慎重に撮るから、出来の良い写真が多い。

写ルンですをちょっと使ってみたけれど、やはり一眼レフには敵わないと思った。小型軽量で、被写体にプレッシャーを与えない、という利点はあるけれど、絞りもシャッタースピードも固定というのは難しい。味気のないトイカメラといった感じか。上手い人が使えば違うのかもしれないけれど。