地方都市の夕景

音楽と写真

HALLOWEEN

ノリで渋谷を観に行ってみて、山手線を降りた瞬間に後悔した。仮装した人、人、人だらけで大変なことになっていた。警察も出動して、年末みたいな騒ぎに。年々酷くなっている気がする。

この先も、毎年ハロウィンの騒ぎは続いていくのだろうか、僕は(不謹慎ながら)、いつか事件でも起こらない限り、続いていくのだろうと思う。そして、その事件というのは、恐らく数年以内に起こるのではないかと勝手に思っている。

例えば、ハロウィンの日にスクランブル交差点で無差別殺傷事件が起こる、とか。あの人混みの中だし、おもちゃの銃や剣を持った人も沢山いる。仮装して顔を隠している人も沢山いるし、所々でキャーキャーと騒いでいる若者も多い。本物の狂気や銃を振り回す人間がいてもおかしくは、ないのではないか。いつそういう事件が起こってもおかしくはないのではないか。

そうやって、所謂日本のハロウィンが終息していったら良いのにな、とちょっと期待してしまっている自分もいる。まぁどうでも良いけど。小説みたいな話だな。我ながら。伊坂幸太郎あたりがそういう話を書きそうだ。