地方都市の夕景

音楽と写真

september has gone

クガツハズカム、ではなく。

____________

10月。最早秋である。空気が澄んできている。夏の気配はどこへやら。

近くamilamiaのベースKGが日本を暫く離れるということで、今後のバンドの方針について考えている。

とりあえずはドラム。何はともあれ、まずドラム。ドラム再優先。ドラムが決まり次第、KGが戻って来るまでの間ベースを弾いてくれる人を探す。あるいは、僕がベースボーカルをやるか、ギターたなっちがベースをやるか。

個人的には、僕がベースⅥを買ってベースボーカルというのも悪くはないのではないかと思っているが、音楽性を考えるとどうなのか、というところ。

ドラムが決まり次第また考える。

____________

3年後にもamilamiaは生き残っているのか、続いているのか、という点だが、ゆるく、長く続けたいと勝手に思っている。メンバー間に温度差がありすぎると破綻するので、あくまでゆるく。

僕の個人的な趣向かもしれないが、バンドメンバーというのは仕事仲間みたいな感じではなく、友達みたいな感じが良いのではないかと。というか、本来は仲の良い友達と組むべきなのだろう。ネットで会った人と組んで、そこから関係を深めていく、というのもいかにも現代的ではあるが、難しい部分もあると思う。今のところ、amilamiaに関しては上手くいっている…と勝手に思っているが。

ドラムにしても、仮に新ベースが入るにしても、今の3人と仲良くなれるかどうか、というのが一番の条件だろう。楽器の腕前というのは勿論だが、それだけではない。

だから、スタジオ代やライブ代を他のメンバーで負担して、サポートドラマーに叩いてもらう、というような形では絶対にやらない。やりたくない。そんなことするくらいなら、僕がドラムボーカルでもやった方がマシだ(できないが)。

僕にとって、音楽はあくまで趣味であって、仕事じゃないから、な。売れたいとかプロ目指してるとかじゃないし。そういう人は色々大変なんだろう。

早くライブがやりたいが、焦らず、長い目で見ていこう。