地方都市の夕景

音楽と写真

感情を晒す

社会人としてどうのこうの、とか、明るく元気に、とか、そういう社会常識みたいなのが嫌い。そういうのを避けて生きていたし、これからもそうやって生きていくつもりだけれど、いつまでそんなこと続けられるだろうか。

成り行き任せ、消去法ばかりで生きていく、というのはどうなんだろう。僕の人生はそんなのばかりだ。

本来充当しなければならない部分を疎かにして、どうでも良いことにお金を使ってしまっているような。気付いたらお金がない。浪費しすぎたみたいだ。大きい買い物をし過ぎた。節約します。



台風が来ていた。TAIFUが。しかし関東への影響はもうおしまいかな?フジファブリックのTAIFU聴きたくなった。志村が死んでからの曲は全然聴いていない。今のフジファブリックは、はっきり言って全く別のバンドだ。未だに志村がもういないという現実を受け入れられていない。


背伸びしても、他の人の曲聴いて羨んでも仕方ない。ワンパターンでも、ありきたりでも、パクリっぽくても、僕は僕なりに僕の曲を作るしかないのだなと思った。少なくとも今の僕にはそれしかできない。作曲は、とにかく作ってナンボである。とにかく作って、ネット上に晒す。

それと、以前の曲をどうにかいじって質をあげよう、みたいなのはあまり考える必要ないのかもしれないと思った。技術が追いついてからでないと結局同じようなものにしかならないというか。それなら新曲を作った方が良い。

ワンパターンでもありきたりでも構わない。ギターがガツンと鳴っている、シューゲなオルタナティブロックを極めようと思う。