地方都市の夕景

音楽と写真

tEst

四谷アウトブレイクでWeekday Sleepersを観て以来、より一層バンド熱が高まっている。やはりamilamiaをバンド形態にしたい。今ある曲をやるかどうかというのは別にしても。LILIOではギターを弾くけれど、ギターだけではなく、ギターボーカルで自分の曲をバンドでやってみたい欲もある。

_________

結局BOSSのフランジャーを買った。通販で中古のを買ったから、試奏はしていない。少し不安だが、世界のローランドだから何とかなるだろう、と高をくくってみる。


試奏といえば、新宿のロックインでone controlの歪みペダルを3台試してきた。アンプはJCで、ギターはフェンダージャパンのストラト。弦高が高かった。どうして試奏用のギターというのはあんなにも弦高が高いのか。弦のテンションもきついように感じた。少し太めの弦を張ってあったのかもしれない。

楽器屋さんで試奏するのはいつも緊張する。何を弾けばいいのか…と毎回思ってしまう。店員さんの方が百倍くらいギター上手いし…。取り敢えず開放弦を鳴らす。Cコードとかで適当にアルペジオを弾く。無駄にテンションコードを弾く。最近練習している曲を弾く。手癖のソロフレーズを弾く。徐ろにノイズを出す。単音のロングトーンから、泣きのチョーキングをかます…

皆、試奏するときは何を弾くのだろう?

_________

以下、僕なりのレビューを。


Strawberry Red Overdrive
普通のODだった。プリアンプというかブースターというかそういう目的で使えるかなと思ったが、正直今のままで良いかなと思ってしまった。優等生的過ぎて、これでなければ出せない音、というのがない。ゲイン0にすればクリーンブーストできる。ゲインFULLにするとストラトでもそれなりに歪む。繰り返しになるが、普通である。自己満足的な意味合いで買うのなら良いけれど、ライブハウスで音を出すとしたら、お客さんの側には違いが分からないだろう、というレベル。言ってしまえば、歪みエフェクターなんて殆ど皆そうかもしれないが。

Anodized Brown Distortion
良い音だった。シングルでもちゃんと歪むし、評判通り、ゲインを上げていってもノイズが少ない。音も太い。とはいえ、今使っているJOYOのUS DREAMもそんな感じで、弾き比べないと違いが分からないように思った。これも先ほどのODと同じで、確かに良い音ではあるのだけれど、これでなければならない理由、というのがない。今使っているやつが壊れたら、買うかもしれないくらいの感じ。

Baltic Blue Fuzz
「ビッグマフ系のファズ」という謳い文句だったけれど、ビッグマフとは全くの別物だった。また繰り返しになるが、これはこれで良い音がする。ファズというよりディストーション寄りで、ガツンと強い音が欲しい時には使えるだろう。本家ビッグマフのような扱いづらさがなくて、どんな設定でもそれなりに良い音が出る。逆に言えば、無個性な感じ。正直、これは全然ビッグマフではない。ただの扱いやすいハイゲインディストーションである。ビッグマフのように無駄にローが出ることもないし、暴れることもない。fuzz factoryなんかのように、音がダマになって飛び出てくるような感じでもない。バンドの中では馴染みやすい音なのかもしれない。



結局3台とも同じようなレビューになってしまったけれど、どれも良い音だった。変な癖がなくて扱いやすく、優等生的な音。でも、今の僕には必要ないなと思った。買ったところで、使い道が分からない。結局のところ、エフェクターってそういうものなのかもしれない。無限に新しい商品が出てくるけれど、聴く側からしたらそんな細かい違いなんて分からないし、どうでも良いという。それよりも、腕だろうし、曲だ。

という結論に至った。


微妙なレビューをしているが、まだ少し気になってはいる。

_________

関係ないが、Youtubeに上がっているエフェクターのレビュー動画は、弾いている人が上手過ぎて全然参考にならない。こういうやつ。

そのエフェクターが良いのではなくて、弾いてる人が上手いだけなのではないか?という感じになってしまう。無駄にバッキングとか用意してセッションみたいなことしなくて良いから、無駄にピロピロ速弾きとかしなくて良いから、普通に開放弦とかパワーコードとか単音とか弾いて欲しいな、と思っているのは僕だけだろうか。

_________

バンドのメンバーを見つけるのは、売れるのと同じくらい難しい、らしい。難儀である。売れなくていいから、メンバーは見つけたい。